BODという水の汚れ度合いで比べると、重曹は無機物なのでゼロ

Pocket

生物化学的酸素要求量(BOD)と言う水質指標では、重曹はゼロなので水質を悪化させません。

1:高い安全性

重曹は、膨らし粉など食品に添加する用途や(めまい改善の注射液)(人工透析のアルカリ溶液)として医療に
にも使われ人にやさしい安全素材です。汚れを落とす指標に洗浄率がありまして、重曹のみでも70%も落と
すことが出来、過炭酸ソーダと液体石鹸でほぼ100%の洗浄率となります。

2:繊維にやさしく、衣類の長持ちに貢献

洗濯は、汚れが綺麗になることはもちろんですが、洗ったことで繊維を劣化させないことも大事です。
重曹は、繊維に穏やかに作用して汚れを落としてくれます。

3:染色にやさしい

衣類の多くは染色されていますが、重曹は、染色を落とすことが最小限にとどめることが出来ます。
洗濯中に衣類同士がこすれて繊維が毛羽立ちを起こして染色が淡い色になることを防いでくれます。

4:ボタンが割れにくい

貝のボタンが使用された衣類が存在しますが、これらの付属品に対しても
洗浄中に穏やかに作用して割れなど最小限に抑えられます。

5:消臭効果

重曹には、多くの炭酸が含まれており、この炭酸が衣類に付いた臭いを取ってくれます。

6:省エネルギー

重曹は、濯ぎ性が良いため、濯ぎ回数が減ることで水の節約と洗濯機の電気代も削減できます。

7:環境にやさしい

水質汚濁の指標の中にBOD/COD値があり、この値が低いほうが環境負荷が少なくなります。
重曹はこの値が「0」で環境にやさしい洗浄資材です。作業環境も良好です。

重曹(じゅうそう)と豊富な地下水の自然エネルギーを活性化させた水を使い、洗浄効果を高めた上でクリーニングを行っております。

服の特徴を理解してクリーニングしています 砺波市のアサヒヤクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です